革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

自分でするなら

パンフレット作成を自分でするなら、どうすればいい?

パンフレット作成で、誰かの手間を掛けたくなかったり、自分で最後までしっかりしたい場合、どうしたらいいのでしょうか。専門的なソフトがなくても、今はパソコンがあればできることも多く、自分で作ってしまう事もできます。

実は最近はパソコンソフトなどで簡単に作れることが多くなっています。
代表的なのはやはりワードで、テキストをたくさん入力したり、画像の配置を簡単にできるのです。また、文字のデザインとなるフォントを選んで適切なものに作り変えれば、印象を変えることもできるでしょう。自分たちで使う程度のパンフレット作成なら簡単にできます。

印刷物を使うのなら、Microsoft社のPublisherという印刷物を作ることに特化しているソフトもあります。これはOffice系列に入っているので、Officeを持っている人なら使うことができます。おそらくワードが使えるのなら、少し学習してPublisherを身につけるのも方法ですね。使いやすく、簡単にパンフレット作成ができるでしょう。ワードを使い慣れているのなら、少し学習するだけで十分できるので、学習の手間がかかりにくいのも嬉しいところですね。

また、よく使われるソフトにはOfficeソフトの中のパワーポイントというソフトを使うこともできるでしょう。これは本来はプレゼンテーションのスライドや資料を作るためのソフトウェアなのですが、実はいろいろな印刷物を作るためということで使われていることがあります。自由に使うこともできますし、他のソフトよりも自由度が高いので簡単に作れるでしょう。

もしプロユースのソフトがいいのなら、大体の印刷物デザイナーなどが使っているのがAdobe社のIllustratorというソフトです。印刷物を作るのにとても良いソフトで、使い方はオフィス系列とは全く違うのですが、一度パンフレット作成を通じて操作を身につければ、プロで使うこともあります。

とはいえ、印刷物のデザインやパンフレット作成は、プロの方がしっかりしたものが作れます。
また、自分で作るときには著作権などに関して配慮する必要がありますから、自分で準備した画像やイラストではないものは使わないように気をつけましょう。インターネット上にあるフリー素材とはなっていない画像や、ワードの中に最初から入っているワードアートを勝手に使うと法律違反ですから、自分で作っておく必要があります。

また、印刷物の会社やデザイン事務所によっては、デザインを途中までしてもらってその後の印刷工程などを依頼したりプリントアウトだけを依頼してくれるところもあります。