革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

商談ツールとして活用

商談ツールとして活用できるパンフレット作成

商談ツールとしてパンフレット作成を行う場合、文字を消す事で売れるパンフレットが作れる、営業マンの営業トークとパンフレット作成を行った商談ツールの2つで商談が成立するケースが増えると言われています。
一般的なパンフレット作成と言うのは、顧客に対してパンフレットを提供し、パンフレットを読んで貰って商品やサービスなどの魅力を伝えると言った役割が在ります。

これに対して商談ツールは営業マンによる営業トークが中心となり、それの補足としてパンフレットが活用されるため、一般的なパンフレット作成とは違った工夫を取り入れる必要が有ります。
文章がぎっしりと詰まったパンフレットは読み手に面倒と言った事を感じさせてしまう事になるケースが多く有ります。

文章がぎっしりと詰まっているページを見ると、それを読む気持ちが薄れてしまう、読んだ所で魅力が十分に伝わり難いと言ったデメリットも在ります。
しかし、文章の所々にイラストや写真などが掲載されており、文章の代わりにイラストで説明が行われていたり、写真が掲載されていて、文章では表現が難しい事を写真が説明をしてくれると言ったパンフレット作成を行うことで、パンフレットを見る人が興味を示しやすくしてくれますし、内容を理解し易いパンフレット作成を手掛けることが出来ます。

商談と言うのは、商品やサービスを顧客に対して直接売り込むと言う営業手法であり、商談が成立する事で商品が売れる、サービスが利用されると言ったメリットがあるわけですが、商談を行うのはあくまでも営業マンであり、営業マンは自分の話す内容を顧客に伝えることで魅力を感じて貰うための営業トークを身に付けることが大切です。

しかし、言葉だけでは十分な魅力を伝えることが出来ないのは、ぎっしりと文章が詰まったパンフレットと同じであり、説明の合間にパンフレットを見て貰い、そこに記載されている内容について説明を加えることで、営業トークによる魅力が深まり商談が成立し易くなります。

耳で聞く情報だけではなく、パンフレットに沿って説明を行うことで、パンフレットに記載されているイラストや写真と言った目で見て魅力を感じるものを利用することで、話を聞く側は理解が深まりやすくなりますし、逆に営業トークを行っている営業マンも話しのストーリーをパンフレットに沿って行うことが出来るなどのメリットも在ります。それ故に、商談ツールとしてのパンフレットは、読む事と見る事の両面を兼ね備えたパンフレット作成が大切です。